Loading...

スウェーデンハウスリフォームの特徴「バリアフリー」を考える

誰にとっても暮らしやすい家

世界でも早い段階で高齢化社会への対応を迫られ、
福祉政策の一環として住宅政策を推し進めてきたスウェーデンでは、
年齢を重ねても、住み慣れた場所で
自分らしく過ごせる住環境が整備されています。

高齢者が自宅で過ごすのが当たり前になっているスウェーデンでは、
誰にとっても暮らしやすい、ユニバーサルデザインの家づくりが基本。
家族が毎日過ごす住まいの環境をいかに整え、
体に負担をかけないものにするかは、
リフォームを考えるうえで不可欠なものとなっています。

スウェーデンハウスリフォームでは
北欧の高齢者福祉の考え方を取り入れながら、
体にやさしい健康的な住まいを提案しています。

温度のバリアフリー

冬の寒い日に暖かいリビングから寒いトイレやバスルームに移動したとき、
体が急激な温度変化を受け、
血圧が上下することを「ヒートショック」といいます。
脳内出血や心筋梗塞など、命にかかわる
重大な健康被害を引き起こす原因ともなる恐ろしい症状です。

このヒートショックを防ぐカギは、
家の中の温度差をできるだけ解消すること。

スウェーデンハウスリフォームが得意とする気密・断熱リフォームは、
部屋ごとの温度差を少なくするのに効果的な方法のひとつです。

音のバリアフリー

外部の騒音をシャットアウトしたり、
室内の音でご近所に迷惑をかけないようにしたり。
住宅の遮音対策は、快適な暮らしに欠かせません。

いわば音のバリアフリー。
特に窓は一番音が入りやすく、漏れやすいので
32dBも減音できる遮音性能を備えた
木製サッシ3層ガラス窓が活躍します。

楽器演奏やホームパーティーも気兼ねなく楽しめ、
車のエンジン音や雨風の音を気にせずに
ぐっすり眠れる環境を実現できます。

  • ↑木製サッシ3層ガラス窓の遮音性能。窓の性能について詳しくはスウェーデンハウスのウェブサイトをご覧ください。

  • ↑騒音とdBの関係

デザイン性にもこだわるバリアフリー

木の持つ温かみや肌触りは、心と体にやすらぎやくつろぎを与えてくれます。
スウェーデンハウスリフォームでは「使い勝手」や
「機能性」のみを考えたバリアフリーではなく、
空間の美しさやインテリアも考えたリフォームを行なっています。

(写真左)木のぬくもりを感じさせつつも、
ドアに手を挟むことを防ぐソフトクローズ機能も持ち合わせたポケットドア。
(写真右)存在感が出てしまう手すりも、自然とデザインに溶け込むように設計できます。

REFORM MENU
COLUMN
スウェーデンハウスリフォームをフォローしよう!
Facebook Instagram
お問い合わせ お問い合わせ
オーナー様専用
情報誌プレゼント